MENU

産後抜け毛さらに白髪も。白髪が生える原因も同じなの?

産後身体が元の状態に戻ろうとするにあたり、妊娠中たくさん分泌されていた女性ホルモンが急減するために、多くの女性に産後抜け毛の症状が出ます。

 

抜ける量や期間には個人差がありますが、自分の髪の毛が抜け落ちる様子に不安を感じる方も多いのではないでしょうか?また、産後抜け毛がやっと落ち着いてきて一安心!と思ったら今度は白髪が気になってきたという声も多数耳にします。私も、実際に出産後しばらくしてから抜け毛に悩まされ落ち着いてきたと思ったら今度は白髪がちらほら目につくようになり、とても気になりましたし周りのママ友にも白髪の悩みはとても多かったです。

 

今回は多くの方が気になるこの問題について解説していきます。事前に知っておくことでその時がきても慌てずに適切な対処ができますので是非ご覧ください。

白髪のできる原因とは??

白髪といえば、加齢に伴い中高年になってから目立ち始めるものというイメージがありませんか?白髪があるだけでずいぶん老けて見えますので、できれば避けたいと思うのが本音です。
では産後増える白髪はどうやって発生するものなのでしょうか?その原因はいくつかあるとされていますのでご紹介していきます。

 

ホルモンバランスの乱れ
産後、女性ホルモンの急減により抜け毛症状があらわれますが、産後白髪の発生の要因であるともされています。女性ホルモンの一種エストロゲンは毛髪の成長を促進してくれる作用がありますが、それが急減することでホルモンバランスが崩れます。髪の毛の根本の毛根部分には毛髪をつくるもとである毛細細胞というものがあり、その間の部分には「メラノサイト」という髪の毛の黒い色のもとであるメラニン色素を作る工場のようなものがあります。

 

メラノサイトで作られたメラニン色素の黒い色が髪の毛に着色されることで髪の色は黒くなっているんです。ホルモンバランスが崩れ女性ホルモンが少なくなった状態の頭皮は、エストロゲンによる成長刺激を受けることが難しくなり、その結果メラノサイトも機能が停滞しメラニン色素が作られにくくなりますので髪の毛の色素が薄くなる、つまり白髪ができやすくなるというわけなんです。

 

加齢
メラノサイトは、加齢とともにその数が減少し、機能も低下するとされておりそれに比例するようにメラニン色素の量も減少しますので加齢にともなって白髪が目立ちやすくなります。加齢によってメラニン色素が生成される際に必要な酵素(チロシナーゼ)が作られにくくなることも要因と考えられています。
近年晩婚化により高齢出産のママさんが増えてきています。白髪は妊娠出産していなくても30代に差し掛かったころくらいから少しづつ生え始め、40代以降には目立ってくる方も多い現象ですから、高齢出産ママさんの場合には、加齢にともなう老化の自然現象の可能性もあります。

 

ストレス
歴史的に有名な話で、フランス革命の際に王妃マリーアントワネットが牢獄生活のストレスで一晩で一気に白髪になったという話があります。ストレスと白髪の化学的な根拠はまだ解明されていないのですが、マリーアントワネットの話はちょっとおおげさな印象ですが、ストレスによって白髪が増えたり一気に目立ちやすくなったというのは多くあるケースです。
産後のママさんは赤ちゃんのお世話や授乳で寝不足が続きがちなのに加えて、生活環境の変化や疲労の蓄積などストレスを抱える多数の要素に囲まれて生活していますので知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまいがちです。ストレスがたまると、自律神経に乱れが生じ興奮した時に優位になる交感神経が活性化しますので頭皮の毛細血管が収縮し血行不良となり栄養が十分に行き届かなくなります。その結果頭皮が乾燥し、固くなるので抜け毛や白髪が発生しやすくなる場合があります。

 

栄養不足
産後は、食事から摂取した栄養分は授乳や身体の回復に優先的に使われますので、ママの身体はどうしても栄養不足に陥りがちな状態にあります。栄養が不足した状態では毛髪を作るもととなる毛細細胞に栄養が行き届かなくなり、メラノサイトが活性化されますので白髪ができやすくなりますし、髪の毛が細くなってしまったり、抜けやすくなったりもします。髪の毛の主成分であるタンパク質が不足すれば髪の毛はも切れやすくなってしまいます。産後特に抜け毛以外にも、爪が割れやすくなっていたり、肌荒れがひどかったり眩暈などがある場合には栄養不足が考えられますので毎日の食生活には十分気をつましょう。

 

このように、産後女性に抜け毛に加えて白髪も増える要因としては様々なことが考えられます。加齢よるもの以外のホルモンバランス変化や、ストレス、栄養不足などは抜け毛、白髪いずれの原因にもつながっています。また一つだけではなくいくつかのことが複合している場合も多く原因を特定するのは難しいのが現状ですが、取り除ける要因は生活習慣を見直ししてみて取り除くことが、症状を悪化させないためには必須といえます。

産後白髪対策でできることは何?

産後白髪の発生を遅らせたり、少しでも増やさないようにするために効果的なことをご紹介しますので是非取り入れてみてください!

 

頭皮環境を整える!
健康な髪の毛が作られるためにはその土台となる頭皮の健康がとても重要です!そのために適切な頭皮ケアを心がけていただきたいのですが、産後のママさんんは大忙しですよね。でもそんな中でも是非おすすめなのがお手軽で毎日簡単に継続できる育毛剤を取り入れることです!私も産後抜け毛が気になるようになってから愛用していましたが、毎日シャンプーをした後の頭皮につけるだけなので簡単に習慣化できましたし抜け毛がひどくなりすぎることなく乗り切ることができましたし、白髪も思ったよりも増えずにすみました。毎日洗髪につかうシャンプーも育毛シャンプーに変えて産後のデリケートな頭皮をいたわってあげるようにするのもおすすめです。

 

多忙な日々でも栄養はしっかりと
忙しい育児の合間に栄養バランスを完璧に・・わかっていてもなかなか難しいのが現状ですが、育児は体力勝負です!しっかりと栄養をとることで授乳している赤ちゃんの発育にもよい影響がありますし、ママの身体の回復にもつながります。白髪予防に効果的とされる食品をご紹介しておきますので是非産後早いうちから取り入れてみてください

ヨード(ヨウ素)

細胞の代謝促進・髪の毛の成長を助ける   海藻類(昆布・ワカメ、ひじき等)

 

タンパク質

髪の毛の8割を構成する大切な成分  肉・魚・玉子・大豆 特に大豆に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きがあるのでホルモンバランスが気になる産後の時期に是非推奨したいです

 

ビタミン

ビタミンE(アーモンド・うなぎ等) 抗酸化力が強く身体が錆びつくのを防いでくれるので老化予防に  ビタミンC  レモン・ほうれん草・パプリカ・ブロッコリー等  タンパク質がコラーゲンを合成する際に役立つ

 

チロシン

メラニン色素の原料の一種なので髪の色を黒く保つために必須  乳製品(チーズ等)に豊富に含まれる 

 

チロシナーゼ(メラニン色素合成に必須の酵素)の働きを助ける  体内で合成できないので食事で難しい場合にはサプリメントで補給も。 レバー いか、かに、納豆、えび等

また、なるべく身体があたたまるような食品を積極的にとることも、白髪予防には効果的とされています。さつまいも、かぼちゃ、にんにく、大根、ねぎなどの冬野菜は身体をあたためてくれる効果が高く逆にトマト、なす、生のキャベツ、レタス、おくら等夏野菜は身体を冷やしますので、食べる時には温めて調理したものを食べるようにするとよいです。また黒い食べ物(黒ゴマ・ヒジキ・海苔・黒豆)等は白髪予防に効果的と言われています。色が髪の毛の色と同じ黒なのでわかりやすいですね。

 

しっかりとバランスよく食べて、必要な栄養分が頭皮にまで行き渡るように心がけましょう!

 

ストレスをためない
出産にともなう身体の変化として起こる産後抜け毛や白髪の増加はそれ自体がとてもストレスになりがちですが、ストレスに感じることで症状が悪化することにもなってしまいますので休日や、できる時に夫に育児を協力してもらったり、時々気分転換に少し外出させてもらうなどしてストレスを発散できるようにするのがよいです!

 

あと、生えてきた白髪を絶対に抜かないこと!1本や2本だと気になってつい抜きたくなりますが、無理やり抜くことは頭皮に変な力が加わり毛根が傷つき、毛細細胞にダメージを与えてしまいます。ダメージを受けた毛細細胞は損傷により新たな髪の毛が生えてこなくなる危険性もあります。特に白髪だけでなく薄毛も気になるとてもデリケートな頭皮状態の産後の時期は要注意です。白髪は抜いたからといって減るものではないのでくれぐれも気をつけてください。

 

白髪の原因の土台となる弱まっているメラノサイトの働きを活性化してあげることが産後の白髪予防にはとても大切です。さきほどあげた白髪の原因となる項目(ホルモンバランスの乱れ・ストレス・栄養不足)をなるべく取り除けるように心がけましょう。

まとめ

産後抜け毛や白髪がおこるのは、出産という一大イベントを機にホルモンバランスの急激な変化が起こることでがその大きな要因です。そこに加えて育児に追われる忙しい日々の中で栄養不足や睡眠不足、ストレスがたまるなどの生活習慣による要因が加わりその症状が時に悪化してしまうこともあります。

 

抜け毛や白髪は見た目にわかりやすいのでどうしても気になってしまうものですが、他のママさんもみんなそうなんだ!と気持ちを楽にするようにしつつ、できるかぎりその要因を取り除いてあげることが美しい髪を保つための秘訣です。