MENU

産後抜け毛があるけどカラーがしたい!でも本当に大丈夫?

産後は、赤ちゃんのお世話や授乳に追われる忙しい日々で自分のおしゃれに今までのように時間をかけることが難しくなりがちです。そんな中でも、せめて美容室にいってカラーリングをしたり、ヘアスタイリングが簡単に決まるパーマをかけたりしておしゃれを楽しみ、リフレッシュしたい!と願う方は多いのではないでしょうか。

 

妊娠後期はお腹が大きくなり張りやすいので、体調によっては安静が指示されますので、美容室に行くのをずっと我慢していた方もたくさんいることでしょう。カラーリングをしばらくしていないと伸びてきた部分がプリン状態になってきて、すごく気になるんですよね。。

 

産後は今までと違い身体がちょっとデリケートになっており、2ヶ月ほどたったころからは女性ホルモンバランスの変化による抜け毛が始まるなど普段とはちょっと違ったトラブルも生じますので、気になるのが産後抜け毛がある状態でカラーリングをしたりパーマをかけても影響はないのか?ということですね。

 

さらにその頃は、多くのママさんがまだ授乳中で、母乳に影響がでないようにカフェインを控えたり食べるものにもとても気を使っている時期になりますので、授乳期間中にカラーリングをすることでその成分の影響はないのかも気になります。
今回は、多くの方が気になる産後抜け毛が気になる時期のカラーリングについて本当に大丈夫なのか??を検証していきます。

産後抜け毛がある状態の頭皮はどんな状態?

産後の女性の身体は、妊娠中に大量に分泌されていた女性ホルモンが出産を境に元の状態に戻る=急減するため、ホルモンバランスの崩れが生じそのことによって、産後女性の多くが経験する産後抜け毛が発生します。

 

抜け毛は、身体が妊娠前のホルモンバランスに戻る頃には自然と回復すると言われていますが一般的には産後半年をピークに1年くらいまでは続くことが多いんです。この期間の頭皮は非常にデリケートな状態になっています。産後、体質が変わったり肌がとても敏感になってしまい今まで愛用していた化粧品が合わなくなってしまったなんて方も実は多いのですが、同様に頭皮もとても敏感な状態なので、カラーリングやパーマをする際には十分に注意する必要があります。

 

具体的にお話すると産後元の身体に戻ろうとする課程においてホルモンバランスが崩れることによって体力や免疫力等も低下し肌のバリア機能自体も低下してしまいます。言い換えると刺激に対して敏感になり炎症をおこしやすい状態となっていて、そのことにより頭皮は乾燥しやすい状態となっているのです。

 

そこに加えて授乳により赤ちゃんに栄養分が優先的に届けられることによって頭皮にまで栄養が十分に行き届かなってしまいます。栄養が十分に行き届かなくなると頭皮は固くゴワゴワしてさらに乾燥が進行し、全体的に血行が悪くなり、ヘアサイクルにも影響が及びます。栄養不足の頭皮から生えてくる髪の毛は細く抜け落ちやすくなってしまいます。産後抜け毛だけでなく頭皮にかゆみを感じる方がとても多いのですがこれは頭皮の乾燥によるものなんです。

 

また、寝不足や疲労の蓄積、慣れない育児のストレス等によって皮脂のバランスも崩れがちなので、頭皮にベタつきを感じることもあります。

産後のカラーリングは大丈夫?

上記のように、デリケートになっている頭皮に、カラーリングやパーマの薬液の刺激が加わると薬液にかぶれたり、頭皮があれてしまうこともあり、その結果抜け毛がさらに増えてしまうという危険もあります。

 

また、産後の栄養不足気味の髪の毛は、細く弱いためにダメージを受けやすく、カラーリングをすることで一気に痛んでしまうことも心配されます。どうしてもカラーリングをしたい場合は美容師さんにしっかりと相談の上で、頭皮の状態を確認してもらい、事前にしっかりとトリートメント等で栄養補給をする処理をしてもらったり、なるべく頭皮にやさしい処方の薬液(植物由来の成分のものなど)を使ってもらう等することをおすすめします。頭皮に薬液が極力つかないように気を配ってもらう必要もあります。

 

産後は、ホルモンバランスが戻っていないことが要因とされるのですが、カラーの色味が入りにくかったり、パーマがかかりにくかったりすることもあります。生理カラーリングやパーマを避けたほうがよいということはよく言われますが、これも生理中ホルモンの関係で頭皮が敏感になっているためにできれば避けたほうがよいというのが理由とされています。

 

美容室に行く時間がなかなかとれずに、市販のカラーリング剤を使って自宅でカラーリングしようと思う方もいるかもしれませんが、これは絶対に避けた方がよいです。市販品の取り扱い説明書には、注意書きとして妊娠・授乳中の使用は避けるようにとの記載があります。これは、素人でも失敗なく色を入れることができるようにサロン専売品と比較して強い薬液を使っているものが多いためです。薬剤の成分が髪の毛に浸透して、化学反応を起こすことによって希望の色合いに染まるのですが、その薬液が強い=敏感な頭皮に大きなダメージ与える要因となり得ますので出来る限り避けるようにしましょう。

 

カラーリングの薬剤が赤ちゃんに大きな影響与えたとの報告は今のところないそうで、産後のカラーリングについては賛否両論様々な見解がありますが、カラーリングの薬剤は、多くのものが100%石油系の合成化学成分からできているのです。また薬剤に多く含まれる染料の酸化を促す「過酸化水素」(オキシドール)という成分は動物実験において強い毒性があったとの報告があり、そんな毒性の強い成分が頭皮についたことによって体内に浸透し血液が主成分の母乳に混ざってしまうことも心配です。

 

赤ちゃんに影響をおよぼすというものではないのですが、まだ免疫力が弱く、小さな赤ちゃんの健康を再優先に考え少しでもリスクがあるものは避けてあげたいものです。また自宅保管のヘアカラー剤を万が一赤ちゃんや兄弟の小さなお子さんがなめてしまった場合とても危険ですから、自宅にカラー剤を置いておかないほうが懸命です。

 

カラーリングをしたことがあるかたならご存知かと思いますが、カラー剤ってけっこう匂いがきついですよね?

 

カラー後シャンプーをしても数回は匂いが残っていませんか?あの匂いを赤ちゃんが嫌がり、母乳の飲みが悪くなることもあるそうです。過酸化水素は髪の毛に付着することで水分を奪うことから髪の毛のパサツキやダメージの要因とされています。このような理由からも産後の弱くデリケートな肌にはできればカラーリングはおすすめできません。

 

では、産後のママさんは美容室にいったり、おしゃれをするのをあきらめなければならないのでしょうか?それは違います!是非代替案を考えて見て欲しいのです。

 

カラーリングやパーマは、授乳が終わり抜け毛が落ち着くまで我慢して、その代わりに美容室でカットやセットをしてもらうことは可能ですしよい気分転換にもなります!可愛いヘアアレンジをアドバイスしてもらったり、カットとセットだけならさほど時間もかからないのでカラーに行くよりは産後の身体に負担もかからないですし、赤ちゃんが寝ている授乳と授乳の間にパートナーに少し預けて気軽に訪れることも可能です!

 

おしゃれをあきらめるのではなく、その時できる範囲で楽しんでいただければと思います!

 

まとめ

産後のカラーリングに関してはできれば避けた方がよいというのが結論です。少しでも早くカラーを楽しめるような健康な髪の毛の状態戻れるようにまずは、産後の身体の回復を再優先することでホルモンバランスが元通りになるような身体づくりをし、敏感になっている頭皮にはなるべく刺激を与えずいたわってあげるようにすることがこれから先の美髪維持のために大切です。