MENU

産後の抜け毛の原因を詳しく解説します!

出産による赤ちゃんの誕生という最高の瞬間を経験した後、待っているのは赤ちゃんと一緒の新しい生活ですね。小さくてフニャフニャした赤ちゃんは本当に可愛くて毎日幸せをたくさんくれますが、同時に新米ママさんは慣れない育児に戸惑ったり落ち込んだり、時にはイライラしてストレスを感じてしまうこともあります。

 

また女性の身体は妊娠から出産、産後の時期に様々な変化があり時にはそれがトラブルになることもあるのですが、産後元の身体に戻る課程において多くの方が経験するのが「産後抜け毛」です。私も出産後しばらくしてから気がついたらけっこう大量に髪の毛が抜けるようになり、先に出産した友達から事前に聞いてなんとなく知っていたにもかかわらず本当にびっくりしました。

 

産後抜け毛は個人差はあれど多くの方が産後通る道なのですが、その原因をご存知でしょうか?今回は産後一時的に起こる抜け毛の原因についてわかりやすくご紹介していきます。

最大の原因はホルモンバランスの乱れ

産後抜け毛(分娩後脱毛症)が起こる一番大きな要因として考えられるのが、女性ホルモンの量が産後急減することによるホルモンバランスの乱れの影響です。では具体的にどのような影響があるのかをご説明します。

 

女性の身体は毎月の女性の生理周期(身体のリズム)をつかさどる2種類の女性ホルモンのバランスが絶妙に保たれることで正常に機能しています。

女性のホルモンバランスの形成する2つのホルモン
卵胞ホルモン(エストロゲン)・・・女性らしさを保ち、妊娠の準備に向けて子宮内膜を厚くしたりする(排卵前に優位になる)
黄体ホルモン(プロゲステロン)・・・基礎体温を上げ受精卵を着床しやすくし、妊娠を維持する手助けをする。(排卵後優位になる)

この2種類なんですが妊娠すると、両方とも出産までの間急増し活性化します。エストロゲンには毛髪の成長を促進する作用が、プロゲステロンには毛髪を抜けにくくする作用がありますので、妊娠中は私もそうでしたが髪の毛が抜けにくくなるんです。その人によっては体毛が濃くなることもあります。

 

無事に出産を終えると、今まで妊娠によって急増していた2つの女性ホルモンが今度は急激に減少することとなります。急激に減少したホルモンの影響によって産前抜け落ちにくかった毛髪が産後一気に抜け落ちる「産後抜け毛」が多くの方に起こるんです。

 

髪の毛にはヘアサイクル(髪の毛が生え変わる周期)というものがあります。退行期⇒休止期⇒発生期⇒脱毛期⇒成長期と5つサイクルを繰り替えしています。

 

その中で休止期という髪の毛が一度抜けてから新たに生え変わるまでの3ヶ月程の期間があるのですが、産後一気に抜け毛が起こる時期はちょうどここにあたります。この休止期は、毛髪の成長自体も停滞しますので髪が伸びなくなります。この期間を経て、毛穴からまた新たな毛髪が生えてくるのです。

 

ここで知っておいていただきい重要なことがこの抜け毛は一時的なホルモンバランスの影響によるものだということです。一時的にヘアサイクルが乱れていることによるものなので、産後身体が回復し、ホルモンバランスが正常化する頃には収まることも多くあります。
産後抜け毛が実際に起きたときは本当にびっくりしてしまいますが、あまり過剰にストレスを感じないように信頼できる対応策として育毛剤の存在を認識しておくことはとても大切です。

産後の生活環境の急変も原因の1つ

赤ちゃんが生まれると生活のサイクルは赤ちゃん中心のものに変化します。今までは自分やパートナーの都合に合わせて調整していた生活リズムとは大きく異なる新たな生活が始まりますので慣れるまではそれに戸惑い、ストレスを感じてしまうこともあります。

 

赤ちゃんが小さいうちは外出も控えなくてはならないですし、新生児期は3時間毎の授乳が24時間体制で続くのに加え、夜泣きもありますから寝不足がちになり、疲労も蓄積します。このような生活習慣の変化による心身の負担感から強いストレスを感じるとそれが毛髪に悪影響を及ぼすこととなります。

 

具体的にお話すると、ストレスを感じると自律神経が乱れがちになり、交感神経(運動している時や興奮時に活性化する神経)が盛んになることで血管が収縮し、頭皮の血行が悪くなります。頭皮の血行が悪くなると、髪の毛が作られるもとの毛母細胞に栄養が十分に行き渡らなくなりますので髪の毛の状態には様々な悪影響が及びます。生えてくる髪の毛が細く弱々しくなったり(ツヤやコシがなく切毛が目立ちやすくなる)、頭皮が固くゴワゴワし、弾力がなくなったり、髪の毛の成長が停滞し抜けやすくなったりとホルモンバランスの影響で起こっている抜け毛がさらに悪化する可能性もありますから注意が必要といえます。

 

また、睡眠不足も毛髪には悪影響となります。なぜなら、人間が寝ている間には成長ホルモン(身体の様々な機能のコントロールに重要な働きをする)という毛髪の成長に大切なホルモンが分泌されるからなんです。
成長ホルモンには毛母細胞の活性化や、毛髪の成長促進作用があります。なかなか産後まとまった睡眠をとるのは難しいかもしれませんが、家族にも協力をお願いし、眠れる時には少しでも寝るようにしてみてください。睡眠んによって成長ホルモンが正常に分泌されることは産後の身体の回復の手助けにもなりますし、ストレスの解消にもつながります!

栄養不足による産後抜け毛への影響

産後のママさんが陥りがちなのが、栄養不足です。

 

育児に忙しく食事するタイミングを逃してしまったり、簡単なものですませてしまったりなんてこともありがちです。

 

授乳中の場合は、食事からとった栄養は母乳にも大幅にとられてしまいますからさらに栄養不足になりがちです。また妊娠によって増加してしまった体重を早く元に戻したくて産後ダイエットをしようと考える方も多くいらっしゃいますが、栄養のバランスを考えながら余分なものを抑えた無理のないダイエットでしたら問題はないのですが、急激に体重を落としたいがために食事を抜いたりするのは好ましくありません。

 

急激な減量(一般的には一ヶ月で体重を5%ほど減らすことをいいます。 例:50キロの女性で 一ヶ月に約2.5キロ)は、脳のホルモンバランスをつかさどる視床下部の栄養不足による機能低下をもたらしその結果ホルモン分泌量の減少へとつながってしまいます。髪の毛の成長に必須のエストロゲンも当然減少しますから抜け毛が深刻化する要因となってきます。また産後乱れたホルモンバランスの正常化がうまくいかなくなりますから身体の回復も遅れてしまい、先々身体の不調等に悩まされることにもなりかねませんのでくれぐれも無理はしないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?産後の抜け毛はホルモンバランスの変化によってその期間や程度には個人差がありますが、誰もに生じる可能性のある、とてもポピュラーな生理現象の一つです。そのためそれを完全に予防することは残念ながら不可能なんですが、基本的にはしばらくして、ホルモンバランスが元通りになるのに合わせてと自然と収まります。
ただし、育児中の生活習慣の変化による内面からの影響の部分に関しては個人の生活習慣の見直しや、上手なストレス解消法を見つけることなどによって改善することができ、それがホルモンバランスの乱れや抜け毛の悪化を防ぐことにつながっていきます。

 

大変なことも多いですが、赤ちゃんはとっても可愛いです!その成長から元気や幸せをもらい楽しんで育児を行っていくことが産後抜け毛の時期を乗り切る心の支えになりそうですね。