MENU

育毛剤と養毛剤の発育剤の違いとは?どのように使い分けるの?

薄毛や抜け毛に悩む老若男女の強い味方に育毛剤!と思いきや、薬局へ行くと育毛剤だけでなく「養毛剤」とか「発育剤」などいろんな種類のヘアケア用品が並んでいます。

 

これはいったいどう違うの?どれを使えばいいの?と、お店で商品を見ながら悩んでしまう方も多いと思います。それだけ近年では髪の悩みに対する商品も多様化してきているということです。

 

より高い効果を得るためにも、それぞれの役割の違いを把握して自分に合ったもので薄毛・抜け毛対策をしていきましょう。

育毛剤の目的はいまある髪を健やかに保つこと

髪の悩みに用いる商品の中で最も馴染みのあるのが育毛剤です。髪を育むものという言葉の通り育毛剤は栄養を届けることによって髪の成長を促すとともに、髪の土壌でもある頭皮を健康な状態に保つ効果があります。

 

ただ、薬事法における育毛剤の位置づけは「医薬部外品」となりなります。医薬部外品とは、厚生労働省がその効果を認めている育毛にとっての有効成分が一定の濃度で配合されている商品です。つまり、治療薬(医薬品)としての扱いではなく薄毛防止・予防に関する商品である意味が強いのが特徴です。

 

実際に育毛剤に含まれている成分は有効ではあるものの医薬品ほど強い効果や作用をもたらすものではないため、薄毛に直接作用するというのではなく、現時点で頭皮にある髪の成長を助けるものとなっています。

 

新しい毛が生えたというよりは、残っている髪の毛が太くなったり抜け毛が減ってきたりという形で効果が表れます。今あなたが感じている髪の毛の悩みのうち「細くなってきたかも」「今のうちに薄毛対策しておこう」ということであれば、今ある髪の毛の補強という意味合いで育毛剤を選ぶといいでしょう。

養毛剤の目的は頭皮環境を整えること

次に養毛剤ですが、一番耳慣れない言葉ではないでしょうか。

 

養毛剤とは育毛剤と同じように頭皮の健康を保つための物ですが、育毛剤よりも頭皮に着目し、頭皮環境を整える日常ケアとしての目的に重点を置いたタイプの商品です。具体的には、「頭皮の状態を清潔に保つ」、「頭皮の痒みやフケを抑制する」、「頭皮に栄養を与える」などの効果があります。

 

ゆえに育毛剤よりも効果はソフトで、薄毛の治療・改善というよりはすこやかな頭皮づくりを助けるものですので、薄毛に直接作用するわけではありません。そのため育毛剤の扱いが医薬部外品であったのに対し養毛剤は、薬事分類としては「化粧品」に分類されます。スキンケアでいうところの化粧水などと同じようにお手入れ、メンテナンスとして活用するようにしましょう。

発毛剤は本格的な薄毛対策品

最後に発毛剤です。

 

発毛剤には、育毛剤に使われる成分と同じ成分が使われているため育毛剤とあまり大差はないのでは?と思われる方も多いですが、発毛剤が厚生労働省がはっきりとその効果を認めている「医薬品」に分類されます。

 

そのため医師による処方や薬剤師さんのいるドラッグストアや薬局でしか購入できません。それだけ効果が強く出るのが発毛剤です。薄毛に悩む人の中で安全性や刺激の強さに抵抗感を感じない方は育毛剤よりも発毛剤の方が即効性の観点からはおすすめです。

 

ただし、効果のしっかりら割れる医薬品である発毛剤に含まれている成分には体質によっては副作用をもたらす心配もありますので、購入の際は必ず医師・薬剤師の許可を得て購入し、用法・容量を守って正しい使用を徹底する必要があることは言うまでもありません。

産後の抜け毛には育毛剤がおすすめ!

ひとことに産後の髪の悩みといってもその原因は千差万別です。今回述べた育毛剤・養毛剤・発毛剤の違いを理解することにより、迷わずにご自分の症状に合った商品を選んでいただけると思います。

 

生活習慣の改善、毎日の食事の見直し、それらを含めた日常生活の過ごし方から産後の抜け毛の原因やそれらの症状に悩まされない方法が見つかるかもしれません。

 

ただでさえデリケ−トな女性ですが、産後ともなれば様々な変化やダメージが重なりとても不安定な状態になっていることも少なくありません。そのため、当サイトでは産後1年未満の段階でしたら刺激や副作用の可能性のある発毛剤の使用はオススメせず頭皮への刺激やダメージが少なく副作用などのリスクが低い産後抜け毛専用育毛剤の使用をオススメしています。

 

産後1年以上が経ちそれでも抜け毛や薄毛が回復しない場合は、専門機関の指導による発毛剤の処方を受けるようにしましょう。