MENU

産後抜け毛育毛剤に副作用はあるの?

命を懸けた女性の大仕事が妊娠と出産です。

 

母となる人生最大の喜びの瞬間ですが、体内で大きく変化するホルモンバランスの影響で様々な心身の悩みを抱えてしまいます。その中でふと気が付くと始まっている産後の抜け毛は、見た目にもすぐわかるためにストレスになる事例の際たるものです。

 

その産後抜け毛対策として、近年では女性用の育毛剤が充実しており、インターネットや薬局などでも手に入れやすくなってきました。しかし、手軽に手に入るものとはいえ育毛剤も薬。

 

妊娠中はもちろん、産後や授乳中でも赤ちゃんのために母体にできるだけ薬は入れたくないですよね。

 

そしてなにより、最も懸念されるのが育毛剤を使うことによって、副作用などは起きたりしないのか?という疑問です。

 

そこで今回は、育毛剤を使う前に副作用があるのかどうか、またどのような状態になるのかを検証していきたいと思います。

報告されている副作用の事例とは?

冒頭にも述べましたように、育毛剤も一種の薬です。

 

薬には多かれ少なかれ副作用が伴うものであるということは消費者側も理解をしておく必要があります。特に産後は体全体のバリア機能が低下している状態にあるため、そうした時に用いるとどうしても薬に対して体が過剰に反応してしまうことがあるという報告があります。また産後の女性以外でも体調がすぐれないときなどに育毛剤を用いると副作用と思われる症状が表れることがあるという事例もあります。

 

それでは育毛剤による副作用とはどういった症状なのか、それはなぜ起こるのかを事例とともに調べていきましょう。
皮膚に起こる副作用
育毛剤は外用剤ですので、頭皮に直接使用します。
頭皮も皮膚の一部ですから、お肌のトラブルと同じような副作用が起こることがあります。

 

副作用の事例としてはかゆみ、湿疹、頭皮の赤みやヒリヒリ感といった症状の発症が報告されています。化粧品と同じく肌に合わないものであったり、育毛剤に含まれている成分がデリケートな母体の刺激になったりということが理由として考えられます。

 

また、育毛剤を用いた頭皮マッサージも行い方によっては皮膚に余分な刺激を与えてしまい、副作用を助長させてしまう恐れがあります。

 

体内に起こる副作用
外用剤だからといって、体内に全く影響がないかといえばそうとも言い切れないのが育毛剤です。なぜなら育毛剤は頭皮から末梢血管へと浸透して体全体に行きわたります。そのようなメカニズムから、育毛剤にある余分な添加物などが体内にめぐってしまい、それが原因で吐き気や倦怠感といった体調不良が稀に起こります。

 

産後の体は非常に敏感ですので、ちょっとした添加物の混入でもアレルギー反応などが見られることも報告されています。

育毛剤の副作用を防ぐには?

育毛剤の副作用について述べてきましたが、それでは産後抜け毛は育毛剤では対処してはいけないわけでは決してありません。産後抜け毛対策の副作用のリスクをできる限り減らすには、商品選びの際に「無添加」「低刺激」に着目して選んでいくことがとても大切なポイントとなります。

 

女性用育毛剤は男性用に比べて刺激が少ないものがほとんどですが、その中でも特に母体に害が少ないとされる無添加の物を選ぶといいでしょう。

 

ただし、無添加でももしアレルギー反応が出てしまったら…という不安を持っている方もいらっしゃるでしょう。その時は思い切って病院で相談し、医師の指導の下で産後でも使って大丈夫な育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

正しい商品の選び方をすれば産後抜け毛育毛剤は、産後の抜け毛に悩みを抱える女性にとってとても心強い味方になってくれます。