MENU

産後抜け毛の育毛剤と育毛シャンプーに違いはあるの?

産後の抜け毛、どうにかしたい!そう思っていろいろ調べてみると、ケア商品の中に育毛剤と育毛シャンプーがあることに気が付きます。

 

育毛剤は試してみたいけど、ちょっと高い…そうだ、シャンプーでもいいんじゃないかしら?だって「育毛」って書いてあるし!シャンプーしながら髪の毛も育てられるなんて一石二鳥!と思った方、ちょっと待ってください。

 

実は育毛剤と育毛シャンプー、同じ育毛でも用途が全く違うことを見逃してはいませんか?育毛という文字に気を取られて用途の違いを見逃してしまっては、せっかくの育毛剤も育毛シャンプーも台無しです。

 

育毛剤と育毛シャンプーの違いとは?

育毛剤の多くは血行の改善や細胞の活性化に着目した成分を配合したもので、発毛・増毛を促すために用いられます。

 

産後抜け毛が起こる主な原因は女性ホルモンの乱れや胎児や乳児へ与えるがゆえの母体の栄養不足が原因です。それを補うために、安全で栄養価の高い商品を用います。医学的に発毛の効果が期待されるとする成分を含んでいるのも、育毛剤の特徴です。発毛や増毛を目的とする方は、必ず育毛剤を使用しましょう。

 

また、女性用の育毛剤には炎症を抑える成分や保湿成分を含んだ商品もありますので、かゆみやフケ、湿疹といった症状も起きにくいのが特徴です。

 

それでは、育毛シャンプーにはどのような特徴があるのか見ていきましょう。

 

育毛シャンプーにも「育毛」と表記はありますが、あくまでも「シャンプー」つまり頭皮の洗浄に用いられることが本来の役割です。従って、発毛・増毛に対しての効果が直接得られるわけではありません。

 

頭皮に良くない雑菌や汚れを落として清潔を保ち、育毛・発毛に適した頭皮環境を作るためのものですので、抜け毛予防のために用います。

 

あくまでも「抜け毛予防」「抜け毛対策」であることを忘れないようにしましょう。育毛の表記だけに目を奪われて発毛・増毛に効果がある!と勘違いして使いすぎてしまうと、今度は逆に頭皮に必要な保湿成分やバリア成分などを洗い流してしまうことになりかねませんので注意が必要です。

 

このように育毛シャンプーの目的は「毎日のお手入れの中で抜け毛予防に使うもの」、育毛剤の目的は、「抜け毛が気になり始めた時のスペシャルケアであり、発毛目的の有効な対策案」というハッキリとした目的の違いがあります。

 

コストを考えなければ併用が1番おすすめ

「育毛シャンプーを使って頭皮環境を整え、育毛剤を使って頭皮に足りない栄養を与えて髪を育てる」産後抜け毛の外用的な対策としてお勧めする方法です。

 

スキンケアでも肌に汚れが残ったままでは美容液の効果が半減するように、頭皮も汚れたままでは育毛剤の効果は期待できません。

 

育毛剤の効果を最大限に引き出すために、頭皮や発毛に適した環境を作ってくれる育毛シャンプーが存在するのです。普通のシャンプーとは異なり、毛髪を成長させるために有効な状態を毎日の洗浄によって作ってくれるのが育毛シャンプーです。

 

育毛剤も産後の女性に向けて無添加・安全な商品が増えてきています。

 

せっかくの安全な成分・髪に有効な成分を無駄にしないように、また産後に起こるかもしれない抜け毛をできるだけ抑えるために、育毛シャンプーを有効に使いながら育毛剤を役立てて行ってください。